店内の様子

年間行事

中秋の名月のご案内

行事一覧へ戻る
中秋の名月のご案内

もともと中国で中秋の名月を鑑賞することが日本に伝わったようです。

その頃、月を神として秋の収穫物を供え五穀豊穣を願ったと云われています。

十五夜(旧暦8月15日)が一般的ですが、十三夜(旧暦9月13日)もあり、「後の月」「栗名月」とも呼ばれ、これは日本独自のものです。

十五夜には月見団子とすすきをお供えし、十三夜には月見団子の他に枝豆や栗などの産物をお供えします。

説明 卵黄を加えて練り上げた黄身あんを桃屋自慢の外郎で包みました。

マイルドでまろやかな味は一度食べて頂きたい味わいです。

その他 中秋の名月
(旧暦8月15日)2014年 9月8日

後 の 月
(旧暦9月13日)2014年10月6日
PR 丈夫に作った黒塗りのお供え台(三方)もセットでご用意していますので、ご家庭ですぐにお供えできます。

 5個入器セット  800円

14個入器セット 2170円

 3個入      390円
 
 7個入     1010円



どうぞご利用ください。
期間 平成25年のチラシです。

■詳しくはこちらをご覧ください >>

ページの先頭へ