店内の様子

年間行事

レアチーズの水まんじゅう

通年

バレンタイン

バレンタインの日は、その日だけ、女性から男性に気持ちをつたえられる特別な日として、伝えられています。

お中元のご案内

お中元は中国の道教の天神信仰の上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)(すべて旧暦)の神様を奉り、この中元が仏教のお盆の行事と結びついて、先祖へのお供とお世話になった方々への贈り物が…

中秋の名月のご案内

もともと中国で中秋の名月を鑑賞することが日本に伝わったようです。その頃、月を神として秋の収穫物を供え五穀豊穣を願ったと云われています。十五夜(旧暦8月15日)が一般的ですが、十三夜(旧暦9月13日)もあ…

端午の節句

端午(たんご)の節句は奈良時代からの行事です。端午の日に病気や災厄を避ける為の行事だったようで、厄除けに菖蒲を飾ったりした様です。武士の間では尚武(武をたっとぶ)の気風が強く、「菖蒲」と「尚武」をかけて…

3月 お彼岸のお知らせ

仏教の「波羅密多」の漢訳「到彼岸(極楽浄土)」から彼岸を「あの世」と解釈し、お墓参りをする習慣が確立したようです。

おひな様

その昔は身代わり人形としての存在だった人形が時を経て、女の子の初節句に母方の里から雛を贈って祝うようになり現在の様な女の子のお祭りに定着していったようです。ひな祭りに桃の花と白酒が欠かせませんが、中国で…

厄払い

陰陽道とか統計的に災いが多いとか色々言われているようですが、はっきりとは分かっていません。平安時代には厄年の考え方があったようです。

十三夜(栗名月)

日本では十五夜(中秋の名月)の他に十三夜(後の月または栗名月)があります。十五夜は中国から伝わったものですが十三夜は日本独自の風習です。十三夜は月見だんごの他にその時期に収穫された栗や枝豆をお供えします…

お歳暮のご案内

お歳暮はもともと年の暮れを表す言葉でした。お歳暮の習慣は、かつて新年に先祖の霊を迎える為にお供え物を持ち寄る習慣が今日に至るとか、江戸時代に商売の基本は掛売りで、年末にその支払いを一括して支払う時にお世…

9月 お彼岸のご案内

仏教の「波羅密多」の漢訳「到彼岸(極楽浄土)」から彼岸を「あの世」と解釈し、お墓参りをする習慣が確立したようです。

敬老の日のご案内

敬老の日は昭和29年に「としよりの日」という名前で制定されましたが昭和39年に「敬老の日」と改められました。毎年9月15日が敬老の日でしたが2003年から3連休にし経済効果をねらって第3月曜日に変更され…

ページの先頭へ